あしりべつ郷土館は7月16日(木)、再オープン記念の第1回出前講座を清田区民センターで開催しました。

再オープン記念の講座

 清田区在住の郷土史家、了寛紀明氏から、清田開拓の礎となった札幌越新道(安政4年開削)と札幌本道(明治6年開削、現在の国道36号線の基になった道路)など幕末から明治初期にかけての道路開削の講話を聞きました。

上が札幌本道、下が札幌越新道のルート(了寛氏の資料から)

 了寛紀明氏は、氏の豊富な研究成果に基づき、歴史資料や地図、当時の絵などをさまざまスクリーンに映し出して札幌越新道と札幌本道について解説してくれました。また、明治6年に今の清田小学校の校庭付近に建てられた休泊所などの話も行い、参加者は興味深い歴史話に引き込まれました。

 あしりべつ郷土館は清田区民センターの設備改修工事に伴い、2019年8月から2020年2月末まで休館となりました。その後も、新型コロナウイルスの影響で休館が続き、ようやく7月1日再オープンにこぎつけました。

 再オープン記念講座は、あしりべつ郷土館運営委員の各町内会連合会の会長・副会長、および運営委員会事務局員、各まちづくりセンター所長ら22人が参加しました。

郷土館の入り口=清田区民センター2階

 また、再オープンに伴い、事業の企画・実施を行う事務局を運営委員会の中に新設、その事務局員らが運営委員に紹介されました。

 あしりべつ郷土館は、清田区内の町内会連合会の会長、副会長らで構成し、区民による自主運営を行っています。事務局は、事業の活発化を図るために、今回新たに設けたもので、町連副会長のほか、郷土史家の了寛紀明氏や、ITおよび映像制作のボランティアの方、元小学校長、「ひろまある清田」代表らで構成しています。

上保木青果の上保木代表(左)から消毒液を寄贈されました

 再オープンに当たり、新型コロナウイルスの感染防止のために、Vegetable Shop KAMIHOKI(上保木青果、里塚2条6丁目)代表の上保木聡志さんが館内消毒用として、次亜塩素酸水を寄贈してくれました。上保木さんから運営委員会会長の平目伸二里塚・美しが丘地区町内会連合会長に消毒液が渡されました。

 あしりべつ郷土館は、平成30年(2018年)9月から令和2年(2020年)4月までの間、「今後のあり方等検討委員会」を16回開催(小委員会を含む)し、協議を進めました。その結果、あしりべつ郷土館を清田区の歴史情報の集積・発信拠点と位置づけ、今後は「歴史資料の充実」と、歴史講座開催などの「PR事業の強化」の2本柱で事業展開することとしました。